topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救世主クモ - 2011.08.22 Mon

ゴーヤVSプチトマト対決では奥様に敗北?したダワさん。しかし、ついでにゴーヤの脇に植えといた別の苗が、それほど期待してなかったのにかかわらず、地味にゆっくり育ちつつある。

ベランダ菜園対決 ←前回の記事

こいつが無事収穫までたどりつけば、そしてなんぞ料理などに使えたら勝負は引き分けか?もしかするとポイント稼いで逆転かもしれない。ゴーヤだって日よけにずいぶんと役立ったのだ。<`~´>

↓その別の苗とは、ズバリこれだ。

38008 鷹の爪

昨年、千葉の養老渓谷に小湊鉄道で出かけた際、無人の野菜販売所で見かけ購入した唐辛子。縄編みもシブく100円くらいだったか?なんといっても国産だ。最近唐辛子は中国産が多く、スーパーで国産を見つけるのが難しいらしい。(奥様談)
以来台所にぶら下がってはいるが、辛いものが苦手なダワさんのためなかなか出番がなく、飼っているお魚の病気予防にたまに使用するだけとなっている。

(季節の変わり目に温度変化が激しいと、グッピーや金魚も体力が落ち白点虫などが付きやすい。唐辛子をお茶のパックに何本か入れ水槽にぶらさげておくと、病気予防や時には治療に役立つ)

ある時、何の気なしにこの唐辛子ってムダに種が多いが、まいたら全部ちゃんと芽が出てくるのか?と不思議に思い、水に浸したティッシュに種をまいてみた。すると、すぐにモヤシのちっちゃいヤツみたいな芽がでてきて全ての種が発芽した。確か3月ごろ。その中から何本か選んだ芽を土に植えてみたのが4月ごろだったと思う。

38009 唐辛子の苗

そして、ゴーヤの苗をベランダに植えた5月初旬、ついでにこの苗達もあまり期待せずに横に植えておいたのだ。というのも、唐辛子の生長は最初の発芽以外かなりゆっくりとしたものという実感、目に見えた変化も1ヶ月スパンでないと見られないかも。1ヶ月で緑のカーテンとなったゴーヤとは大違いだ。

それでも少しづつは大きくなっていたトウガラシちゃんが、水を上げても葉っぱがダラ~ッと元気なく下がってしまい、もうダメかと思ったことがあった。よ~く見ると先端の新芽の部分を中心に、アブラムシがいっぱいたかって養分を吸っちゃっているではないか。コレでは元気もないはずである。

ただでさえ遅い成長はぱったり止まってしまい、アブラムシをチマチマ取り除くと少し成長し、また元気なくなるとアブラムシが増えているという繰り返しで、面倒になってしまった。こんなとき忙しい人間なんて無力なもんだ。1日中アブラムシの軍隊と闘うなんて無理な話だからだ。

ふと思い出したのが、数年前奥様がトマトと一緒にナスだかなんかを植えたとき、やはりアブラムシが大量発生したのだが、どこからともなくテントウムシが2匹やってきて、アブラムシを片っ端から食いまくってくれた時の事。ありゃすごかった。2,3日でほぼ全滅しちゃったもんな。

あの時の2つホシがあるテントウムシをつかまえてくりゃいいんだ!と、サイクリングのたびにテントウムシを探したが、うまく見つからなかったり途中で忘れてしまったり、結局そのままになってしまっていた。(先日知ったが、アブラムシが付きやすいナス科の野菜は、アップルミントというハーブの類を一緒に植えるとこのテントウムシがやってきてアブラムシを食べてくれるそう)

忘れたころにトウガラシちゃんを見てみると、あれ、アブラムシどこいった?ずいぶん少なくなったな。トウガラシちゃんもだいぶ元気を取り戻しているようだ。先端の新芽に再び勢いがでてきた。アブラムシに養分あまり吸われなくなったからだろう。それにしてもどうしたんだろう。何があったのか?

よーく見てみると、トウガラシちゃんの葉の影に小さなクモが陣取り、残ったアブラムシに飛び掛って捕獲しているではないか。しかもなかなかのフットワークだ。たぶんクモの巣を張って獲物を待つタイプではなく、攻撃型のクモなんだな。やるなコイツ。

38001 38002 ←救世主クモ

次の日も次の日もクモは同じ場所で見張っていた。アブラムシは1匹もいなくなってしまった。たぶん全部やられたか、慌てて逃げ出したのだろう。その後、クモはいなくってしまったが、アブラムシも2度とこなくなった。そしてトウガラシちゃんは無事に花を咲かせ、花の散ったあとに小さな緑の唐辛子ができつつある。

38003 38004 38005 38007

だが、この実が赤くなるのにもまだまだ時間がかかりそうだ。唐辛子の生長はまったくもってゆっくりだ。なんと11月まで収穫が続くのだそうだ。こんなに長い付き合いになるとは思わなかっただわサ。ま、ここまできたら無事に収穫し、何かの料理に入れて奥様に威張るのだ。

ありがとう、救世主クモ。あんたはダワさんのヒーローだよ。もう家の中にあんたの仲間がたまにいても、邪険にしたり捕まえて魚にやったりしません。今後は。

● COMMENT ●

いきものがかり

植物を育てるのもなかなかおもしろそうですね。
良く観察していれば。
生き物は手がかかるので、僕は何もやっていませんが、研究心旺盛な人には生き物を飼ったり、植物を育てたりするのは面白ろそうですね。

Re: いきものがかり

トンサンこんばんは

昔近所にいたお爺が話すに
生き物を育てたりしてるうちは
まだまだ子どもだそうです。
人間の関心というのは昔から、

動物・鳥・魚→子ども
植物・花→若い人
盆栽・石→青年
古銭・切り株等→大人

と決まってるんだそうです。
ホンマかいな?


管理者にだけ表示を許可する

直角靴下の話 «  | BLOG TOP |  » ベランダ菜園対決

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。