topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢七福神2 - 2013.01.19 Sat

前半の続き~

さ~てあと2箇所だが時間が厳しくなってきた。素直に467をバビューンと龍口寺へ。江ノ電乗客凄い数。こりゃ江の島は激混みだろな。
192001.jpg 192002.jpg 192003.jpg

仁王門と天井の竜に脅されつつ階段へ。
192004.jpg 192005.jpg 

でも、山門の彫刻で和まされ境内に。透かし具合・木枝の造詣がなかなか。(山門の天井にも小さくて彩色美しい竜が)
192008.jpg 192007.jpg 192006.jpg

本堂の中の写真は恐れ多くて撮れません&ここのおみくじは凶がという字になってるらしく、もしそれが出たらと思うと小心者のダワさんは怖くてとても引けず。(>_<)
 192009.jpg 192010.jpg

ということで大書院の瓦を激写。欅造り三層の立派な屋根。隅という隅に鬼瓦が。てっぺんの棟鬼のアップ怖~っ。
192012.jpg 192013.jpg 192014.jpg

屋根の隅の降り鬼でもこの迫力ですから。こうして移築前はお蚕を、今は大切な書を守ってきたのでせう。
192015.jpg 192016.jpg 192017.jpg

ちなみに良く見るこの形の瓦も経ノ巻という鬼瓦の一種。鬼の面じゃなくお経の巻物で悪霊など厄から守っているんですね。(歌舞伎座の屋根の瓦が有名)
192018.jpg 192019.jpg 192011.jpg

瓦に目を奪われてだいぶ時間くってしまっただわサ。すまぬ奥様急いでくれ、江の島へ。
192020.jpg 192021.jpg 192022.jpg

やっと着いた~。けど、物凄い参拝客で御参りは出来ず。スタンプだけ頂きました。後日また。(^_^;)
192023.jpg 192024.jpg 192025.jpg

帰る途中、ゑじま小路を通って海に。なぬ?カップルだらけ。(@_@)よくこんなとこ皆知ってるな。
192026.jpg 192027.jpg 192028.jpg

ちょうど満潮のためあまり磯歩きもできず。
192029.jpg 192030.jpg

さ、帰りましょ。奥様所望のたこせんべいはあまりの行列に断念。かわりにシラスまんとシラス汁で祝杯。
192031.jpg 192032.jpg

てなわけで、これが七福神めぐり完歩景品(^O^)の干支手ぬぐい。(※いちばん上は別件でもらったどんど焼三色団子手ぬぐい)
192033.jpg 

さっそく飾ってみる(仮に)
192034.jpg

本日の走行距離:63.5キロ
走行時間:5時間37分
平均時速:11.3キロ

● COMMENT ●

時間が無いと言いながら

やっぱりダワさんは、良く見ていますねぇ。
滝口寺の山門にこんな彫刻があったんだ。
同じところを通っても気が付かないトンサンは・・・・(*≧ω≦*)

>経ノ巻という鬼瓦の一種。鬼の面じゃなくお経の巻物で悪霊など厄から守っているんですね

へー、そうなんだ。覚えておこう。こんど屋根を見上げたら探してみよう。

江島神社すごいひとですねぇ。 
自転車は時間が無いのに、遠いODKへ置いたのですか?

>ゑじま小路を通って海に。

こんなところも知りませんでした。

おー、ダワさん手作りの時計が・・・・やっぱり、なかなかいいですね。木で作ると。

Re: 時間が無いと言いながら

トンサンど~も。
> 自転車は時間が無いのに、遠いODKへ置いたのですか?
はい。オヤジとの出会いも特にありませんでした。
> ゑじま小路を通って海に。
うちがそう勝手に呼んでるだけです。すいませ~ん(>_<)
でも参道途中のえじまという食堂(旅館)を目印に右に入ると海に出れるんです。
干潮だとちょっとした岩場に小魚やムール貝などが・・・
> おー、ダワさん手作りの時計が・・・・
前に作ったやつです。100均の木版に穴をあけて
100均の壁時計とコーナンの工作用木製数字貼っただけです。 (^_^;)


管理者にだけ表示を許可する

丹沢の白馬 «  | BLOG TOP |  » 藤沢七福神1

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。