topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真珠のつぼみ - 2012.07.15 Sun

美しいなぁ。
146000.jpg

畑の真珠といえば、最近はこっちのほうか?ピュアホワイトという種類の白トウモロコシ。黄色のトウモロコシより糖度が高いらしく、確かに生でも甘味がある。(ゆでるとパステルカラーの薄黄色になる)
146001.jpg 146002.jpg

↑近所のスーパーで見かけて1本だけ買ってきた。(139円)うちの奥様に高いと言われる。きちんと隔離栽培する手間かかるから仕方ないでしょ。そうしないと、虫はおかまいなしに他の花の蜜を吸った土足?で花粉を吸いに来ちゃうんだから。
(他のトウモロコシのの花粉がつくと真っ白いトウモロコシじゃなくなっちゃうらしい)

まあ、ベンケイたちが喜んでくれたから良しとしよう。おこぼれの白トウモロコシに夢中でパクつくベンケイちゃん。やっと少し慣れてきたかな?
146003.jpg 146004.jpg 146005.jpg

ベンケイガニはけっこうな食いしん坊。上の写真でも両手のハサミにトウモロコシをはさんでいる。この時すでに1粒は口に入れてモグモグしているので、手に持ってるのは次に食べる分として用意をしてるのだ。

まるでわんこソバか、腹ペコの若者が回転寿司に行って食べ始めの頃みたいに、今食べてるのを口にしてる間に次に食べる分を常に用意しておく食いしん坊ぶり。この時人が近づくと、両手にエサをはさんで持ったまま逃げる。^^;

話しはそんなことじゃなかった。畑の真珠。ダワさんにとってはベランダで自家栽培しているトウガラシのつぼみ。純白で丸くってホントに真珠みたい。
146007.jpg 146006.jpg 146008.jpg

これがゆっくりと開いていき、地味だけどキレイな花になる。清楚な純白ドレスを着た花嫁みたい。ダワさん的イメージは「梅ちゃん先生」の堀北真希。(土曜日しか見たことないけど)
146009.jpg 146010.jpg 146011.jpg

花嫁がいっぱいの図。
146012.jpg

ちなみにこれは春先、料理で使ったトウガラシの種を小皿に濡れティッシュで発芽させ、元気そうな芽を土に植えたもの。その中で一番大きくなった苗を1本だけプランターに。トウガラシの発芽率と1本の苗から取れる実の多さは家庭では持て余すほどで、とても優秀なハイリターン野菜なのだ。

一時期スーパーでは中国産野菜が出回り、国産トウガラシはなかなか売ってない時期があった。そんな時も自家製トウガラシはおすすめ。育てるの簡単で沢山取れますよ。(ダワさんは辛いもの苦手なのでそんなに使わないけど)

でも、そんな白い真珠を狙って悪い虫がどっかかららやってくるんですな。(>_<)アブラムシ男どもめ。しかも集団で。こんにゃろ、梅ちゃんたちを守らねば。ということでサイクリングや魚釣りでテントウムシを見つけたら、ビニール袋に入れ持ち帰る。
146013.jpg 146019.jpg 146020.jpg

何しろテントウムシの主食がアブラムシなんだからそりゃもう、ムシャムシャと食べてくれる。が、羽があるだけに彼らは気まぐれ。1日くらいでどっか行っちゃうのだ。(>_<)定着率悪いバイトみたいなものか。こんなベランダより他所にいいとこいっぱいあるもんな。

そこで、一番なのがテントウムシの幼虫だわサ。<(`^´)>彼らは働き者なうえ、職場放棄しない。偉いぞキミ達は。うんうん。(だって羽がないから)
146021.jpg 146022.jpg

そして成長して、浮き草増殖用のお池(ただのボウル)のほとりなどでさなぎとなり、どっかへ巣立っていくのだ。羽化したてのテントウムシはすごくキレイ。青緑の虹色につやつや輝く宝石のよう。(残念ながらこの時は気付いたらもぬけの殻だった)
146023.jpg 146024.jpg

テントウムシがいなくなったら仕方ない。水やり時に、ダワさん自ら聖剣エクスカリバー(竹串)で退治。といってもちょっとくすぐれば、すぐ下に落ちるのでラーメンのレンゲに受ける。
 146014.jpg 146015.jpg

そんでもって、飢えたグッピー達の待つ地獄に落ちてもらうのだ。ほ~れイッヒッヒッ。(-_-;)うちのグッピーが毎日エサをあげたってどんだけ飢えてるいることか。ダワさんの指だってなんだって激しくつついてくる位だ。アブラムシなんてすんごいご馳走。というかおいし~いスイーツだ。
146016.jpg 146017.jpg 146018.jpg

時々、アブラムシが沢山ついちゃった葉っぱがある。そんな時はめんどくさいので、葉っぱごとグッピーどもの餌食に。ものの1分で食い尽くされる。害虫退治と魚のエサにもなって一石二鳥だ。
146025.jpg 146026.jpg → 146027.jpg

その様子を動画で載せておこう。ものすごい勢いでしょ。(^O^)/


こうして真珠の花嫁達はみんなに見守られ、ゆっくりとトウガラシになっていくのでした。めでたしめでたし。
146028.jpg 146029.jpg 146030.jpg

~完~




その脇に植えてあるゴーヤーにも最近やっと雌花が咲いた。\(^o^)/
146031.jpg

今年は天候不順の影響か?最初の育ち始めの頃、なぜか雌花ばかりが咲いて雄花がまだ一つもなかったので、受粉できず無念な思いをしていた。受粉しないとそのまましぼんじゃうのです。(T_T)

雌花→真ん中は青く蜜だけ?花の裏に実の形。
雄花→真ん中黄色。花粉がいっぱい。花の裏はな~んにもない。

雄花がやっと沢山つき始めたと思うと、今度は雌花がなかなかできない。自然というのはなかなか難しいものだ。
146032.jpg

でも、暑くなってきてようやくまた雌花が咲いたのでこれからが楽しみ。雌花が咲いたら雄花を一つ取って花びらをそっとむしり、ガクもとっちゃっておしべをあらわな形に。^_^;その花粉を大事にめしべに付けるのだ。これで一安心。立派なゴーヤーになるだろう。(農家の人はこれを毎朝やるらしい)
146033.jpg 146034.jpg 146035.jpg

※ちなみに暑くなっても雌花ができず、雄花ばっかりという人は最初の主枝をずんずん伸ばしちゃってませんか?(^^)/~~主枝は適当に切っちゃって、脇から出てきた小枝もある程度の高さで切って、孫枝を伸ばさなけりゃいけないらしいですぞ。(ダワさんもはじめて育てた昨年同じ失敗を)去年のベランダ菜園対決

今年は去年以上の収穫(6本)を狙い(少ないけど)、奥様とのベランダ菜園対決に圧勝するのだ。向こうも甘みの強いプチトマトで順調にポイント稼いでくるけど。こっちにはゴーヤーが少なく終わったってトウガラシがあるんだべさ。(セコイ作戦)^^ゞ

● COMMENT ●

グッピラニア

これはすごい。グッピラニアですね。 (*^ω^*)ポリポリ
ふつうは食べられないものなのに、アブラムシはごちそうだとどうしてわかるのでしょうね。
テントウ虫とアブラムシ、アリとアブラムシ・・・
自然って見ていると、不思議でうまくできているものですね。

Re: グッピラニア

トンサンこんにちは
ほんと、ピラニアみたいですね。言われてみれば。
魚にとって上から落ちてくるもの、特に動く生きたものは
なんでもご馳走です。\(^o^)/みたいです。
> 自然って見ていると、不思議でうまくできているものですね。
おっしゃるとおり。そしてすべてが美しい。


管理者にだけ表示を許可する

暑いですね~ «  | BLOG TOP |  » 夏到来

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。