topimage

2014-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルオ逝く - 2014.04.26 Sat

292013.jpg
ぶん・ぶん・ぶん♪ハチが飛ぶ〜ということですっかり季節もうつろい、桜が終わったと思ったらあっという間にフジやツツジの咲く初夏に。一年の三分の一が早くも過ぎ去ろうとしてるんですねぇ。ボヤボヤしてると怖いですね〜。恐ろしいことですね〜。

気温が上昇すると午後から急ににわか雨が降ったりすることもあるので、自転車で出かけるときなどは要注意ですね。

話は変わりますが、2年前の梅雨時から飼っていたクロベンケイガニのワルオ。先日その短い生涯?を終え、なんともあっけなく旅立ってしまいました。

暖かくなって今年初の脱皮をしたばかりで…。(脱皮時の抜け殻・生きてるみたいでしょ)
292002_2014042601583613c.jpg 292003_20140426015837aa4.jpg 292004_20140426015839d5b.jpg
 
いつもより抜け殻の色がずいぶんと濃いような気が。ま、ひさびさの脱皮だからかなと。
292005_201404260158404d3.jpg ←本人

一週間後くらいか、カラがすっかり乾いてもやっぱり妙に色濃いんです。普通は乾くと白っぽくというか、オレンジ色になっちゃうのにこんなの初めて。
292006_20140426015843028.jpg 161004.jpg ←以前のカラ

ちょっと違和感感じつつも、早くエサ食べ出さないかなと思ってた矢先…。(カニは脱皮前後はエサを食べなくなることが多い)急に寒さが戻ったある夜、家に帰ってきたらワルオは動かなくなってた。(お前が食っちゃったモモちゃんの分まで長生きしてもらいたかったのに)

多分ですが、脱皮に備えて体内の胃石に殻のカルシウム分を蓄えるのを忘れて?ついうっかりカラを脱いじゃったのでは。そいで、いざ新しい殻に養分戻そうとしたら体内に蓄えが無かったというミス?

※甲殻類は、脱皮の前に殻(外骨格)のカルシウムをカルシウムイオンとして血中に回収し、胃の中に…炭酸カルシウムの丸石ないし円盤として析出させる。胃石は脱皮後数日で血液に再吸収され、含まれていたカルシウムは新しい殻で石灰化する。/Wikipediaより

急に暑くなって、また寒くなったりもしたからなぁ。でももしホントにそうならちょっと可哀想な気が。なんとも残念な最期。大事なことに取りかかる時は、良く準備しいろいろと蓄えてからという教訓か。

何はともあれ、チミのこと忘れないよ。ワルオよ安らかに。
292007.jpg
絶対こっち(カラのほう)に養分を全部残してると思われ

※甲殻類は脱皮後に脱いだ殻を食べ、この行為によってもカルシウムを補給するとも言われる。しかし、ザリガニを使った実験では、脱いだ殻にカルシウムは含まれておらず、この行為でカルシウムは補給されない。/Wikipediaより

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。