topimage

2012-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南平へ2 - 2012.12.20 Thu

182000.jpg

前半の続き~

いよいよ金目川を渡り湘南平へ。いらっしゃいませだって。頂上まで1.5kmしかないんだ。(^_^)
182001.jpg 182002.jpg

でも結構な坂だ。なんでパンダ?ま、余裕のガッツポーズでゴール。タイムは?って聞かないで~の17分。(>_<)
182003.jpg 182004.jpg 182005.jpg

お天気いいからにぎわってるな。とりあえずあそこの展望台のほうにいってみるべか。
182006.jpg 182007.jpg

お~、パン屋さんもアイス屋さんもラーメン屋さんもあるじゃないの。機械だけど。(^_^;)
182009.jpg 182008.jpg 182010.jpg

何もないといけないと心配し買っておいた弦斎カレーパンを食べる。あー美味い。富士山は今日はちょっと霞んでて残念。
182011.jpg 182012.jpg

でもココからの景色は絶景ですね。(※さすがミサイル破壊措置命令が出ると自衛隊が出動・レーダー基地と化すだけのことはある)
1820013.jpg

そうそう平塚市のHPのトップにもあったけど、ホントにこんな遠くからスカイツリーなんか見え?・・・るんですね。ハイ。(@_@)
182014.jpg 182015.jpg 182016.jpg

湘南平気に入った。今度はもっと寒い日の午前中に来よう。ということで、あとはいつものあさつゆ広場。
182017.jpg 182018.jpg 182019.jpg

と思いきや、キッチン花菜へ。まだちゃんとしたお昼を食べてないんだと。(スゴイ食欲)運動したからいいけど。
182020.jpg 182021.jpg

さんざんのんびりした後、帰りは古川→鈴川→渋田川。冬の楽しみ・落葉した木の樹形観察をしながら帰る。
182022.jpg 182023.jpg 182024.jpg

やっぱ富士山はかすんでもなんでもシルエットだけで王者だな。
182025.jpg

本日の走行距離:49.7キロ
走行時間:4時間40分
平均時速:10.6キロ

湘南平へ1 - 2012.12.19 Wed

181000.jpg
12/16(日)快晴 今日は早めの投票を済ませ湘南平へ向かうことに。新たな相棒(命名:ガンちゃん)の初乗りだ。

雨模様の土曜にハンドルを60センチ以下に詰め、スタンドやらキャリアも取り付けすっかりおじさん仕様に・・・。富士山キレイに見えるといいな。待っててねととりあえず一枚パチリ。藤沢慶応前郵便局を南に少し入った小出川の起点より下流へ。
181001.jpg 181002.jpg 181003.jpg

ほどなくして西にカーブするとすぐこんな感じになってくる。この辺の田舎~な風景いいですねぇ。(^O^)
181004.jpg 181005.jpg 181006.jpg

綿毛についた水滴が美しい。さっそく泥んこ&靴下にトゲトゲが。時々、トゲトゲ取り休憩を。
181009.jpg 181008.jpg 181007.jpg

スズメすずなりの木。この橋、もう少し高さがあれば乗ったまま通れるのにといつも思う。
181010.jpg 181011.jpg 181012.jpg

水からあがって日なたぼっこか?ヒドリガモさん。ヒドリガモってよ~く見るとカワイクない(目つきが悪い)んだよな。(ーー;)黒い泳ぎの達人オオバン。というか泳いでるとこ以外の、歩いたり飛んだしたの見たことない。
181013.jpg 181014.jpg 181015.jpg

そんなわけで小出川はやっぱり田舎でいいな。国道1号に出たらニトリでトイレ休憩。こたつ布団を買うかどうか迷うが断念。馬入橋を渡り、ずんずんとまっすぐ進む。やや?富士山かすんできたか。(>_<)
181016.jpg 181017.jpg 181018.jpg

今日はわけあって弦斎カレーパンも喜良久さんもカンパーニュもスルー。湘南平はもう近い。
181019.jpg 181020.jpg

まだお昼にはだいぶ早いがもうすっかり腹ペコ。腹が減っては戦は出来ぬ。シャンパンベーカリーに寄り道。しらす入りパン&ピザをお外のテーブルで。無料のコーヒーやホット麦茶が嬉しい。ココは弦斎カレーパンの高久製パンが(春に)新たに出店した総本山なのだ。
181021.jpg 181023.jpg 181022.jpg

おいしいパンで元気回復し、いざ湘南平へ。

後半へ続く~

新たな相棒 - 2012.12.12 Wed

12月に入って週末もサイクリング等にあまり行かず、隠密行動を取ってきた?ダワさん。実は着々と近所の自転車店めぐりに精を出し、この時期ならではの掘り出し物自転車がないかチェックしていたのだった。

といっても行ける範囲は限られてるけど、あさひ・セオ・イトイ・コギー・モンベル・ワイズ・チバ・サガミ・マイクスなど。あといろんなホームセンターやイオンバイクなんかも回った。

長年乗ってきたダワ号(なんちゃってMTB・少年用ルック車ともいう)は各部が消耗、この秋はあまり長距離・峠を越えてのポタリングはできず、綺麗な紅葉も見に行けませんでした。

でも逆に言えばこれは新車を買って貰えるチャンス。うちの予算なんかしょせん奥様がにぎっておるワケだから。(去年はプレゼン不足?で却下されたのだ・・・)

サイクリーで買った中古のクランクやらリアディレーラーやら、通販で買ったスプロケやらあさひで買ったチェーンやらでダワ号をちょこちょこ修理しながらも、この機会絶対に逃がすまじとひそかに策を練っていたのだわサ。

いつもは奥様を風よけに使ってるダワさんだが、ポタリング時に珍しく先を走り自転車不調をアピール。信号スタートですべるギア・坂道でわざと強く踏み込みガリガリと悲鳴をあげるターニーちゃん。もう限界かなぁという遠くを見つめる迫真の演技。

これをしばらく続けてさすがに奥様もかわいそうになったのか、今年はなんとついに予算が通ったんですよ。あぁ苦節何年の苦労が・・・。涙。(T_T)

しか~し、いざ買えるとなると舞い上がって人間ホントに迷うもんですね。あれにしようか?これにしようかと。予算は7万円。少年用自転車で我慢した年数に応じてなのだそうだ。といっても自分は喜んで(というか結構気に入って)乗ってきたんだけどね。(^◇^)

しかも、中古の部品でだいぶ(いやほとんど)直っちゃったんだけど。(・_・;)そんなこと言ったら元も子もない。ここはもう正面突破あるのみだ。なんといってもこの時期は自転車買うのには狙い目の季節。年ごとに技術の革新で急変するロードの仕様と違い、MTBなんか昨年モデルでもたいして変わんないし。

てなこと言ってたら、トレックとかスペシャライズドなんかのMTBの2013年モデルは軒並み29インチだけになっちゃって26インチが消えてんじゃないの。何だよ米国こんにゃろめ。今年買い逃したら来年29インチを買うしかない?

ますますあせるダワさん。今だって年に一度は回転落車するくらいなのに取り回せるかっちゅうの。タイヤがでかいとあまり今はしないけど輪行や、うちのちっちゃな車への車載にも影響が出ると思うし、何よりホームセンターで安いタイヤ買えなくなっちゃうじゃん。(それが大きかったりして)

激安の海外通販もあまり日本に入ってこない車種があって面白そうだけど、送料・税金とやはり実車が見れない不安が。それに超円高(対ポンド)もそろそろ終了っぽい。

そんなこんなであれやこれや迷った挙句、トレックかスペシャの2012モデル(買えるのは限られるが)に絞ってあちこち調査。各店であまりに真剣に時間をかけて見てるので、どうぞと立派なカタログを頂くこと多々。2013カタログは別にいらないんだけど・・・。(^^)ゞせっかくなんで参考に。

そして自分の中ではトレックにほぼ決めていた。和風ーか、万羽に。(←この字が出たんだもん)

アナログ湿度計 - 2012.12.10 Mon

179000.jpg
ダワダワ ダ~ワ~ ダ~ワ~ 冬になると肌で感じるのが空気の乾燥。朝起きるとノドがガサガサするあの感じ。指にささくれが出来、自転車の手袋がすれると痛い今日この頃。

夏に箱根湯元で買った、てりふり人形もようやく晴れおんなが良く前に出てくるようになりました。夏から秋の間は部屋の湿度の関係なんでしょう、ずっと雨男が前面に出ていたのだわサ。
179001.jpg 179002.jpg

明日の天気予報に使えるほど迅速な変化じゃないけど、とてもアナログな湿度計としてお気に入りです。※たて看板みたいなやつに書いてある→はれ女・あめ男の間に書いてある達筆すぎて読めない(^_^;)文字はなんて書いてあるのだろう?

そしてもっとアナログな簡易湿度計がこのビックルの瓶入り松ぼっくり。特に上の松ぼっくりがここまで開いて、瓶の中で全く動けない位になると冬到来感が。※雨続きの日や夏はもう少し閉じて、ビンを振るとカラカラと動く隙間ができる。
179003.jpg 179004.jpg 179005.jpg

この松ぼっくりはどこで拾ったんだっけな?確か湘南海岸の防風林だったような気がする。閉じた時、ビンの口をちょうどギリギリで通る大きさの松ぼっくりを、経験と勘で見つけてくるのが重要なんです。ハイ。

NEWスプロケ - 2012.12.01 Sat

今日は待ってた荷物(スプロケ)が届いたであります。
178001.jpg

型番はシマノMF-HG37→いわゆるボスフリー7速ってやつ。
178002.jpg 

シンガポール製。苦労してちっちゃな字を撮影したら袋にも書いてあっただわサ。(>_<)
178003.jpg 178004.jpg

トップが13Tというのが特徴。奇数飛びの歯数がMF-TZ21との違いかな。(色も?)
178005.jpg 178006.jpg

こっちは取り外した古いスプロケ。トップ14Tからのチャイナ製。とがってますねぇ~。主にロー側が。
178008.jpg 178009.jpg 178007.jpg

※実は古いのも同じMF-HG37の14~28バージョンだったのです。ボスフリーでも最廉価バージョンじゃなかったところが長年もった理由なのか?

新旧比較。新しいやつのほう(右)がスリムというかシュッとしてるでしょ?
178010.jpg
旧:14-16-18-20-22-24-28 新:13-15-17-19-21-24-28 

ロー側の2枚以外、3~7速がすべて1ずつ山が少なくなったことで25グラムの軽量化。(^_^;)でも、これでギア比含め少しは速く走れるようになるかな?

ただ一つ気になることが。トップの13T、1つだけすごい細くとがった山があるんです。こういう仕様?これでいいのか。(詳しい人教えて)
178011.jpg

工作精度を考えDNP製じゃなくシマノをチョイスしたのに、ちょっと不安なダワさんでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。