topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金ブナ&銀ブナ - 2012.06.16 Sat

先月、うちのフナのふーちゃん(ギンブナ)が仲間がおらず寂しかろう?ということで、用水路に小ブナを釣りに行った。
ふーちゃんの過去記事

水槽の中でふーちゃん以外はみんな泳ぎの速い川魚ばかり。みんながエサを食べ終わってまった~りしていても、あんまりエサが取れないふーちゃんは、いつも砂利をつついてけなげにエサを探したりしている。
138002.jpg ふーちゃん&スゴモロコ

よーし、そのうちお友達を釣ってきてやるからなと思いつつ、ついつい忘れていてやっと先月その機会が。釣れた中から、大きさもほぼ同じ小ブナを1匹だけ選んで連れてきたのだわサ。(残りはいつものお魚ポスト→親父宅)
138008.jpg 138003.jpg 138004.jpg 新たなお友達

ん?ほっぺたのえらぶたの所をよく見ると・・・白いブツブツが!てことは、うわーっ!このフナなんとオスではないか。
138005.jpg
※このブツブツは追星(おいぼし)といって、春先など産卵期のオスにだけ現れるオトコのしるし。病気などではありません。(金魚もオス・メスを見分けるのは難しいけど、これが出たら簡単にオスだと分かる)

ということは、もしかしてこのフナくんキンブナじゃないですか~っ!と。なぜかというと、少し調べれば分かるがギンブナにオスはまずいないから。

↓これは大和市泉の森公園内のしらかしのいえ(自然観察センター)にあるフナについての簡単な説明。(赤線はダワさんが追加)
138006.jpg 138007.jpg

関東でも実はキンブナ自体珍しくなってきているようで、今では環境省のレッドリストで準絶滅危惧種。(ギンブナは全然そんなことないが)ダワさんもキンブナは今回初めて釣った。\(^o^)/

貴重なキンブナなのできんちゃん(^_^;)と名付け、落ち着くまでまずは玄関の金魚と一緒に。こっちは皆おとなしいフナばかりだから。
138012.jpg 金魚の後ろに(>_<)

そしてようやくヒレやウロコの傷みも回復し環境にも慣れてきたので、今週末ふーちゃんの待つ川魚水槽へ。さっそく砂利をほじくっていてひと安心。(^_^)
138013.jpg きんちゃんの雄姿

ところで、キンブナとギンブナを見分けるのは専門家でもけっこう難しいらしい。色も体型も個体差がありキンブナのような色のギンブナや、ギンブナっぽいキンブナというのもいるとの事。

以下、簡単にまとめると
1.ギンブナのオスはいない。よって追星(オス)があればキンブナ。
2.キンブナはギンブナより体高が低い。(少しスマート)
3.キンブナはギンブナより背ビレの筋が少ない。(14本以下)
4.キンブナはギンブナほど大きくならない。(最大15CM以下)
これらに加えて
5.キンブナは鼻が低い(目から口先までが短い)
という特徴があるように、あらためて観察して思う。

もちろん個体差があるのでこの限りではないかもしれませんが、今度観察する機会があったら皆さんもそこに注目されると見分けることができるかもしれません。

最後に比較のため、きんちゃん&ふーちゃんが一緒に写ってる写真と、一緒に泳いでる動画を載せておこう。(きんちゃんの追星はすでに消えてしまってます)
138009.jpg 138011.jpg



きんちゃんはふーちゃんよりスマートなだけあって、泳ぐのもふーちゃんより早いな。ま、同じフナ同士なので仲良くやっているようだ。

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。