topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤澤宿めぐり2 - 2012.06.07 Thu

136069.jpg

前半の続き~

遊行寺をあとにし、次は「と」の石曽根(履物店)さんへ。現在は営業してないため、特別なイベント時のみの公開だそう。かつて三浦半島一円に顧客を持ち、ご主人が自転車で逗子・葉山・横須賀・三浦を集金・注文取りに回っていたとのこと。(かなりの健脚ですね)
135015.jpg 136002.jpg 136003.jpg

続いて「へ」の桔梗屋さん。関東大震災を生き残った藤沢の歴史の生き証人。100年越えの黒漆喰の蔵はさすがに重厚。
136004.jpg 136005.jpg 136006.jpg 136007.jpg

「ほ」の三光堂印刷所。現在は建替えられ看板にも横文字が並ぶが、ここにあった店蔵は藤沢市が15年以上に渡り解体保存している。それほど貴重なものなら、いつか移築再建される日が来るのだろうか?
136008.jpg 136009.jpg 136010.jpg

続いては「に」のみつはし園と「は」の内田商店へ。この2軒は同じ交差点で道路をはさんで隣り合っている。三觜茶舗は壁面保護のため?トタンが貼られ古さを感じないが、中へ入ると古いのか。日曜日で休みだったが、今度お茶でも買いに行こう。
135016.jpg 136011.jpg 135017.jpg 136012.jpg

この内田金物店の文庫蔵が個人的に一番火事に強そうに見えた。お店の正面間口よりも、奥行きがはるかに長い敷地と建物。かつての宿場というのは間口で税金が決まっていたから。
136013.jpg 136014.jpg  136015.jpg

残すところ2箇所。次の鎌田商店に向かう途中、マップにも載ってる井本菓子舗さんの前にあげまんじゅうの看板。おみやげに買っていこうと中へ。ごぼう餡で優しい甘さの珍しいおまんじゅう。これなら、あんこが苦手な人も食べれると思う。美味しかった。
136016.jpg 136017.jpg 136018.jpg

揚げたてを用意するので少し腰掛けてお待ちを、と出してくださった氷入りのお茶が嬉しい。120円×2の買い物でそこまでして頂き恐縮。盆栽置を兼ねたテーブルをよく見るとコイン投入口?ナムコということはギャラクシアンとかパックマンとかのゲーム卓かな。
136019.jpg 136020.jpg

井本菓子舗の隣にあった建物(関次商店?)も上からトタンが張ってあるが、その下からは沢山の折れ釘が。こんなふうにマップの紹介がなくても古い建物がほかにも結構ある。
136021.jpg 136022.jpg

「ろ」の鎌田商店石蔵。ここも上部トタン張り等補強こそしてあるが古そう。間口よりも奥行きが長いのは・・・以下略。
136023.jpg 136024.jpg 136025.jpg 136026.jpg

最後の白旗神社に行くついでに、義経首洗井戸も見ていこう。ダワさんは恥ずかしながら、白旗神社が源氏の旗である白旗にちなんでの社名とは今までしらなかった。(^_^;)
136027.jpg 136028.jpg 136029.jpg 136030.jpg

慰霊碑にいた小さな虫。お前さん良く来てくれたなと言ってる?ように感じた。
136031.jpg 136032.jpg 136033.jpg

「い」の白旗神社が最後になってしまった。変わった狛犬だなぁ。マッチョだけどあんまり恐い顔じゃない。
136037.jpg 136034.jpg 136036.jpg 136035.jpg

良かった。上にある狛犬はちゃんと恐~い顔してて。でも、じゃれる子犬がちょっとカワイイ。
136038.jpg 136039.jpg 136040.jpg

本堂の彫刻。恐ろしそうな龍の下には・・・出ました亀彫刻。\(^o^)/亀彫刻がいっぱい。どれもいいカメだ。
136041.jpg 136042.jpg 136043.jpg 136044.jpg

柱の根元飾りに至るまで亀彫刻が。もはやカメ神社といってもいいくらいの勢いだ。
136045.jpg 136047.jpg

手水舎にも立派な屋根&彫刻。亀も小鳥もいい彫刻ですね。
136048.jpg 136050.jpg 136051.jpg 136049.jpg

というわけで、時間にして1時間ちょいの藤澤宿めぐりだったが、なかなか楽しかった。このマップはこちらからもPDFで入手できる。→藤澤宿蔵めぐりまっぷ

帰りは境川から。御殿橋の近くにはコップ洗いの花が咲く大きな木がある。
136052.jpg 136053.jpg 136054.jpg

境川沿いのガクアジサイと飯牧近くの麦畑。
136055.jpg 136056.jpg 136057.jpg

飯田牧場は日曜の午後で激混みだった。ジェラートはパスして牛さんだけ見て帰る。
136058.jpg 136059.jpg 136060.jpg

ジェラートの代わりに湘南台のみなせんでイカ焼き購入。
136062.jpg 136061.jpg

43号線六地蔵交差点の次の信号。いろんなアジサイが綺麗に咲いてる。
136063.jpg 136064.jpg 136065.jpg

最近、この柏葉アジサイがちょっとしたブーム?らしいですね。
136066.jpg 136067.jpg

本日の走行距離:35.8キロ
走行時間:2時間41分
平均時速:13.2キロ
今度は別バージョンの藤澤宿浮世絵まっぷを手に入れて、また回ってみたい。

藤澤宿めぐり1 - 2012.06.05 Tue

135000.jpg

6/3(日)晴れ時々くもり タウンニュース藤沢版を見てこんなマップができたことを知る。ダワさん好みな感じ。歴史文化遺産を観光に生かすのはいいことだわサ。 

藤沢駅の近くにはダワさんの親が住んでおり、いつも釣れ(すぎ)たお魚を預かってもらう?お魚ポストになっている。そこへも寄りがてら、マップを入手しに行ってみよう。

遠藤宮原線(慶応大学近く)街路樹のハナミズキ(ご指摘感謝)ヤマボウシが満開。花の中心がプラネタリウムの投影機みたい。
135001.jpg 135002.jpg 135003.jpg

ハイカラなツツジ発見。でも、ごく普通のツツジだって数がそろうと綺麗。(スルガ銀行植え込み)
135004.jpg 135005.jpg

引地川親水公園を通ったり、柏山公園の弁天池を覗いたり。普通カエルは人影見たら慌てて飛び込むのに、このふてぶてしさはなんだゲロ。
135006.jpg 135007.jpg 135008.jpg

引地橋から43号を藤沢橋方面へ。このへん通るときは小田急線をまたぐ伊勢山橋の先にあるケーキ屋さんで、30円の生キャラメルを買ってなめながら走ると元気が出る。
135009.jpg 135010.jpg 135011.jpg

親の所に寄り、お魚ポストの魚達を確認。昼食を済ませてから市役所に向かう。


藤沢市役所に到着。日曜日なので新館の裏口だけ開いていた。職員に聞くもマップの存在知らず。入口の警備の方がこれじゃないかと探して持ってきてくれた。感謝。
135012.jpg 135013.jpg 135014.jpg

あれ?なんかちょっと違うバージョンのマップのような気もするが、まいいか。こういうのも結構好きだ。いろはにほへとちり、と9箇所あるんだな。
135015.jpg 135017.jpg 135018.jpg 135019.jpg

順番は無視で近いから「ち」の蔵まえギャラリー(旧榎本米穀店)から。お、確かに古そうな蔵だ。現在は染物屋さんとの事。2人連れで散策中の女性客がエプロン・日傘等を品定めしていた。
135020.jpg 135021.jpg 135022.jpg 135023.jpg
※ちなみにこの蔵まえギャラリーのある藤沢市藤沢の旧町名蔵前は、幕府直轄領だったこの地の江戸への年貢米と、飢饉に備える備蓄米の蔵が後ろの山にあった事からと言う。 
参考:土蔵のある家

135100.jpg © 藤沢市立藤沢小学校

次に向かったのは「り」の遊行寺。現在40万都市の藤沢市はこの寺の門前町から始まったみたいなもんだ。
135024.jpg 135025.jpg 135026.jpg

見よ、この立派な灯篭とその台座に掘り込まれた狛犬を。(ちゃんと恐しい顔してる)
135027.jpg 135028.jpg 135029.jpg

あ、\(^o^)/亀の彫刻だ。(手水舎)水あるところにカメありで、なかなかイイじゃないの。
135030.jpg 135031.jpg 135032.jpg

立派な本堂は写真撮るのも失礼なような迫力。大イチョウは一度台風で折れ高さが半分になったそうだが、太さは健在だ。
135033.jpg 135034.jpg 135035.jpg

ちなみにこの坂を門のほうに下りず、上の出口から遊行寺坂の方へ出れば、江戸方見附跡(柱碑のみだが)がある。
135036.jpg 135037.jpg

後半へ続く~
 

自作ラインカッター - 2012.06.01 Fri

お魚釣りに行く時、小さなハサミは必需品。仕掛けを取り替えたり長さを調整する時、釣り糸を切る必要が生じるから。でも、ハサミって刃物だけあって、どんなに小さくてもポケットに入れるとポケット内部に刃があたったりして具合が良くない。

そこで刃が折りたためるハサミをみんな探すでしょ。昔からあるのはメガネタイプの折りたたみハサミ。なかなかコンパクトなんだが広げたりたたんだりがめんどくさい。釣り人というのは皆、一秒でも早く仕掛けを投入したいものなのだ。

gowell(ゴーウェル) 「折りたたみ式コンパクトはさみ」ホールディングシザーズ 3427 フィスカース 携帯用ハサミ FF85-9512

最近は裁縫用ハサミを改良?し、刃の部分を収納できるようにしたようなハサミもある。そう、ちょっきり八兵衛みたいなヤツ。これはすぐれものだが、少しポケットの中でかさばる気がする。

ちょっきり八兵衛

もっとコンパクトなヤツもあるにはあるが、お値段のほうがコンパクトじゃないんだよなぁ。値段もダウンサイジングして貰いたいものである。たかがハサミなんだから。
シマノ(SHIMANO) コンパクト スライドハサミ CT-018H イエローグリーン 701121

ということで、釣り人はラインカッターというものを使ってる人も多い。爪切りの小さいやつの、押下げ用レバーを取ったような作りで、指で上下をグッと押して糸を切るのだ。コンパクトで、たたんだりひろげたりという手間がないのがイイ。

シマノ(SHIMANO) ラインカッター CT-042F ブルーメタリック 966728 タクティクスエンジョイ(TACTICS ENJOY) ラインカッター WE-143

↑これにヒモつけて、引っぱるとチェーンがのびるリールキーホルダーにでもつけておけば、あわててハサミを探すようなこともなく便利。でも、やっぱりお値段はコンパクトじゃない。釣り具店で見ると、平均1000円位か。100円ハサミの10倍だからな。

便利さを取るか、お金をかけないことをポリシーとするか悩ましいところですね。そこでダワさんが思いついたのが次の方法。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。