topimage

2012-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックジャベリンの話 - 2012.01.28 Sat

ダワダワ・ダ~ワ~・ダ~ワ~ 最近、なかなか自転車で出かけられない。天候や予定など理由あっての事で仕方ないが、週に1度も自転車に乗れなかったりすると、体調が悪くなってしまう。

体や頭がなんとなく重いし、食べた物の消化もあまり良くない。背中や腰の痛みも。決して激しい運動ではないが、自転車が健康生活にかなり役立っているんだとつくづく思う。

突然話しは変わるが、ダワ家では炊飯器の買替えを長らく検討してきた。(1~2年ほど前から)経年劣化か内蓋がパカパカと落ちてしまって、ご飯をよそうたびに付け直すのが面倒になってきたのだ。

最初は炊き上がりの時だけ取れて、パカッと付け直すとしばらく大丈夫だったのだが、だんだん付け焼刃の修理にも限界がきて、最近は付け直してご飯を炊くのにもテクニックが必要に・・・。(パッキンや配線、蒸気口など位置あわせもシビア)

いろいろ自分なりに修理もしたのだが、しょっちゅう取り外して洗浄する場所、なおかつ蒸気が充満する箇所ということでなかなか難しかった。こんな時トンサン師匠ならチョチョイと直してしまうかもしれませんが、まだまだ修理道の修行が足りませんな。

そんなわけで今年いっぱいと言いつつ2年が過ぎ、ついに炊飯器を買換えることになった。ナショナルの2002年、マレーシア製造の炊飯ジャー。そう言えば買ったのは日韓ワールドカップの年だった。十年一昔か。まだ白物家電はパナソニックブランドじゃなかったんだなぁ。

などと10年使った炊飯器を懐かしんでいたら、なぜかこれを思い出してしまった。イギリス新幹線クラス395/オリンピック・ジャベリンの話。(※ジャベリンとはとがった槍という意味)どこかで見たような?顔だ。
92001.jpg

◆イギリスでは2012年にロンドン・オリンピックの開催が近づいている。(いた)3年前の話。
◆オリンピックとなると、世界中からとにかくたくさんの人が押し寄せる。
◆人を大量に・速く・安全にドンドコ運べる高速鉄道が大至急必要。(だった)
◆鉄道発祥の国イギリスだが、フランス、ドイツのような独自の高速鉄道(200km/h以上)技術はない。
(イギリスとフランス、ベルギーをドーバー海峡トンネルでむすぶ大陸間高速鉄道ユーロスターは一応フランス・ベルギー・イギリス3カ国の共同開発ということになっているが、フランスのTGV使用)
◆オリンピック開催決定から開発してももちろん間に合わない。かといってヨーロッパで古くからのライバル、フランスやドイツから車両を輸入というのも、誇り高き英国魂が許さない。




大陸間高速鉄道ユーロスター
92002.jpg 92003.jpg ユーロのEと3つの国を線で表すマーク

たびたびニュースになるようにユーロスターは事故や運行トラブルが結構多い。

◆英仏海峡トンネル内火災事故(2008年9月11日)→完全復旧まで5ヶ月、1万5千人に払い戻し。
◆寒波による英仏海峡トンネル内立ち往生事故(2009年12月18日)→列車5本・2000人の乗客がトンネル内に翌日まで16時間以上閉じ込められ、電気・暖房が切れた車内で飲まず食わずの一夜を明かした。全員の運賃払い戻し、1人150ポンド(約2万2千円)の賠償、さらに往復無料乗車券を配る。さらにこの時の運転再開がクリスマスの帰省シーズンに間に合わず、故国に帰れない等2万4千人の旅行客・帰省客の切符払い戻し、宿泊料(三ッ星程度)、交通費(タクシー、地下鉄、駐車場)、食事代などの費用を支払った。
◆わずか3週間後(2010年1月7日)→寒波による信号系故障で再びトンネル内に立ち往生200人が閉じ込められ、しばらく調査・暫定ダイヤが続いた。2010年1月以降鉄道局は、同路線の利用は必要がない限り控えるよう乗客に呼び掛けていた。(経営大丈夫なのか?)




そうだ!40年大事故なし・高速・5分おき過密ダイヤで正確運行な日本の新幹線があるじゃないか!

この~木 何の木 木になる木~♪ っと
92004.jpg 92005.jpg 日立製作所に29編成(174両)の注文

完成、いよいよ初出荷 元気でな~ がんばれよ~
92006.jpg → 92007.jpg イングランド・サウサンプトン港に到着

2009年12月14日開業
92008.jpg 喜ぶイギリス首相達

以後、毎日正確に運行・がんばっているらしい
92009.jpg 92010.jpg  我が家の炊飯ジャーそっくり

92011.jpg オリンピックカラーもすでに準備完了

◆英仏トンネルで起きた前述のユーロスター立ち往生事故(2009年12月18日)は、山間部で見られるような「非常に軽い粉雪」が原因と判明。細かい雪が車内に入り込み、列車がトンネルに入った際に温度差で雪が解け、電気系統に問題が起きたという。
◆この時トンネルに閉じ込められた乗客は本当は2500人で、うち約500人は救援に駆けつけた開通間もない日本製新型電車(現地の新聞ではJavelin trainsと書いてある)によって救出されたと報道された。(クラス395の開業4日後のことだった)
◆これを受けイギリス鉄道局は、2010年3月に発表する国内高速鉄道整備計画において、日本の日立製車両をさらに1400両契約する事を検討中と報道されたが、現在欧州危機でそれどころじゃなくなった?んだとか。


そのあと、中華新幹線の大事故&穴掘って埋め&掘り起こし事件なんかもあったなぁ。やはり日本の新幹線は優秀なのですね。今日も雪の中各地で走っているんだろうな。

なんてな事を、オリンピックジャベリンの先頭車両そっくりな10年使った炊飯器を見ながら思い出したのだった。敬意を表して今回は日立の炊飯ジャーでも買ってみるか。

追記:10年といえば東芝のLED電球のCMが今話題になってるらしいですね。10年後の自分は、日本はどうなっているんだろうな?





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ようこそ

最近の記事

最新コメント

<>+-

カテゴリ

はじめに (1)
自転車 (207)
お魚 (29)
カメ先生 (7)
鳥さん (16)
その他 (48)

月別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りリンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。